パソコン操作を早く行うにはどうすればいいの?

皆さんの職場には、パソコンの操作がものすごく速い方はいますか?

自分の職場にもそういった方はたくさんいます。

(自分の職場はもちろんIT関係なのでそういった方が集まっているのかもしれません。。)

今回は、筆者が考えるパソコンの操作が速い人と遅い人の違いについていくつか紹介してみたいと思います!

以前の記事にも上げましたが一つ目として上げられるのはパソコンに対しての「慣れ」になると思います。

やはり、日常からパソコンを使っている人は、パソコンに対しての「慣れ」があることから操作スピードは速くなってきます。

皆さんも例えば、スマートフォンを機種変更したりOSをアップデートしたら、最初は「慣れ」が無いので、

「カメラを起動するにはどうすればいいんだっけ?」

「メールを送信するには、どうすればいいんだっけ?」
と戸惑うことでしょう。

そのため、どうしても操作が遅くなってしまいます。

しかし、 毎日、スマートフォンを使うことにより、 これらの問題は、「慣れ」が解決してくれます。

これは、スポーツの練習と少し似ているかもしれません。
例えば、「サッカー」を例として挙げてみましょう!
サッカーを毎日練習している人は、必然的にサッカーの練習をしていない人に比べてドリブルのスピードが速くなると思います。
少し話がそれてしまいましたが、これはパソコンにも同じことが言えると思います。
パソコンの操作を毎日行っている人は当然ながらパソコンの操作に慣れているので普段使っていない方に比べて作業スピードは速くなります。

次に上げれらるものとしては、「ショートカットの暗記」になると筆者は考えています。
ショートカットに関しての記事のリンクは下記に貼っておきます。
ショートを覚えることにより作業スピードは格段に上がります。
(周りから見ると仕事ができる風を演じることを出来る。)
例えば、あなたが文章の内容全てをコピーしたいとします。
ショートカットを覚えていない人は、マウスのカーソルを文章の初めに持っていきクリックをしながらマウスを動かすことにより全部の範囲を入力してから、右クリックをしてコピーを選択することでしょう。
しかし、ショートカットを覚えている人は、「Ctrl+A」を押した後で「Ctrl+C」を押すだけで一連の動作を行うことが出来ます。
いまいち実感が湧かない人は実際に手を動かして作業をしてみてほしいです。

まとめ

パソコンの操作を早くするには、「慣れ」と「ショートカットの暗記」が必要

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です