[Python]OpenCVで画像の上に長方形や線を描写するためのサンプルプログラム

今回は、OepnCVを用いて長方形や直線を描写するためのサンプルプログラムを作成したので紹介したいと思います!

コードは下記のようになります!

import numpy as np
import cv2


img = np.full((360, 360, 3), 0, dtype=np.uint8)

cv2.rectangle(img, (15, 50), (115, 225), (255, 0, 0),thickness=-1)
cv2.rectangle(img, (130,50 ), (230, 225), (0, 255, 0), thickness=-1)
cv2.rectangle(img, (245, 50), (345, 225), (0, 0, 255), thickness=-1)


cv2.line(img, (50, 290), (310, 290), (255, 255, 255), thickness=1, lineType=cv2.LINE_AA)



cv2.imwrite('dst/1910/ファイル名', img)

では、コードを見て行きましょう!

img = np.full((360, 360, 3), 0, dtype=np.uint8)

まずは、上記の部分になります!

ここでは、黒い背景の360×360の画像を作成しています。

次に下記の部分なのですが、

cv2.rectangle(img, (15, 50), (115, 225), (255, 0, 0),thickness=-1)
cv2.rectangle(img, (130,50 ), (230, 225), (0, 255, 0), thickness=-1)
cv2.rectangle(img, (245, 50), (345, 225), (0, 0, 255), thickness=-1)

ここでは、長方形を描写しています。

次に下記の部分で、直線を描写しています!

cv2.line(img, (50, 290), (310, 290), (255, 255, 255), thickness=1, lineType=cv2.LINE_AA)

実行結果