Excel、スプレッドシートのAVERAGEの使い方

Excelやスプレッドシートにおいてある範囲の平均を出したいときに使う関数としてAVERAGEがあります。

AVERAGE関数の使い方としては、

=AVERAGE(値1,値2、、、)

となります。

例えば、上記のような表があったとします。

A君からG君までの平均点を出したいときには、

=AVERAGE(B2:B8)

と入力をしてあげれば、

65.57142857

と出ます。

また、上記の例では、範囲を設定しましたが、「19」と「58」と「34」の3つの平均を出したいときには、

=AVERAGE(19,58,34)

のように入力をしてあげれば、

37

と出すこともできます。