C言語でHello World!と出力させるためのサンプルプログラム

本日は、C言語で「Hello World!」と出力させるためのプログラムのサンプルコードを書いてみたので、皆様に共有できればと思います!

結論から言うと下記のようなコードになります。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    printf("Hello World!\n");
  return 0;
}

このようにコードを書くことにより、C言語で、「Hello World!」と出力することが出来ます!

それでは、このコードについて少し、解説をしてみましょう!

まず、1行目に書いてある#include <stdio.h>という個所なのですが、ここは、stdio.hというヘッダーファイルをインクルードするということを表した個所になります。

ちなみに、stdio.hというヘッダーファイルはC言語において、入出力に関する関数が定義されている部分になります。

そうしますと、次に書かれているものとしては、int main (void){}ということになります。

ここは、簡単に言うとメイン関数を記載する部分になります。

この{}というかっこで囲まれている部分にメイン関数に記載したい内容を書きます。

さらに、次を見て見ると、printf(“Hello World!\n”);と書いてあります。

ここでは、printfという関数が使われています。

printfとは、文字等を出力させるための関数になります。

ここでは、””で囲まれた部分を出力しています。

また、C言語において、関数の最後には、;を記載するルールになっていますので、覚えておきましょう!

最後に、return 0;と書いてあります。

ここでは、戻り値として、「0」を返すということを表しています。

システムにプログラムが正常に終了したことをお知らせするために記載します。