スプレッドシートのIMPORTRANGEの使い方

IMPORTRANGEは、Excelにはなくスプレッドシートにのみある関数になります。

指定したスプレッドシートのデータを読み込むときに用いる関数になります。

IMPORTRANGEの使い方としては、

=IMPORTRANGE(“URL”,”範囲”)

となります。

URLの所には、移していきたい元のスプレッドシートのURLを入力し、範囲の所にはシート名とそのセルの範囲を入力すればできます。

具体的には、

=IMPORTRANGE("https://docs.google.com/spreadsheets/d/aaaa111", "シート1!A1:C10")

と入力すれば使えます。