おすすめのSQLの資格3選!難易度とその特徴について

エンジニアとして、働いている方の中には日常的にSQLに触れる機会がある方も多いでしょう。

また、これからエンジニアとして働きたいのでSQLについて勉強を開始したいという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、今回はそんな方に向けてSQLの代表的な資格について解説していきます。

close up photo of hyperx ram
Photo by Athena on Pexels.com

Oracle Master

SQLに関しての資格の代表として、Oracle Masterが挙げられます。

特徴

Oracle Masterは、日本オラクル社という会社が実施している資格になります。

SQLの資格としては、最も知名度があります。

そのため、エンジニアとして転職を成功させたい方や年収を上げたい方にとっても有利に働く資格であると言えます。

試験範囲として、Oracle製品に関しての問題が出されるだけでなく、基本的なSQL文の書き方や基礎、リレーショナルデータベースの仕組み等も勉強する必要があります。

テスト方式としてはCBT方式になり、試験日程に関しても日本全国のテストセンターほぼ毎日受験することが出来ます。

参考書

難易度

Oracle Masterの難易度は、Bronze、Silver、Gold、Platinumの4段階あり、Bronzeが最も簡単でPlatinumが最も難しい資格です。

Silver以降の難易度に関しては、世界共通の認定が自動的に与えられるため、海外でもSQLに関してのスキルをアピールすることが出来る様になります。

具体的な難易度に関しては、具体的な合格率が公表されていないこともあり、明確な基準に関しては不明であると言えます。

しかし、こう難易度のゴールドやプラチナに関しては、仕事面でも大いに役立つでしょう。

オープンソースデータベース技術者認定資格

SQLに関係する資格として、オープンソースデータベース技術者認定資格が次に挙げられます。

特徴

オープンソースデータベース技術者認定試験は、LPI-Japanという特定非営利活動本陣が実施する日本独自の「オープンソースデータベース技術者」の認定試験になります。

Oracle MasterがOracleのデータベースに準拠した資格であった様に、オープンソースデータベース技術者認定資格はPostgreSQLに準 拠した資格です。

取得することでPostgreSQLのデータベースの設計や運用や技術に関しての技術を習得していることの証明が出来ます。

難易度

オープンソースデータベース技術者認定資格には、「OSS-DB Silver」と「OSS-DB Gold」の2つの難易度が用意されていて、「OSS-DB Silver」の方が簡単です。

OSS-DB Silverでは、PostgreSQLを利用したデータベースシステムの設計・開発・導入・運用が出来る知識を習得出来ているであろうことを証明することが出来ます。

OSS-DB GoldではPostgreSQLを利用した大規模データベースシステムの改善・運用管理・コンサルティングができる知識を習得出来ているであろうことを証明することが出来ます。

また、OSS-DB Goldを受験するには、OSS-DB Silverを取得している必要があります。

データベーススペシャリスト

SQLに関する資格として、次にデータベーススペシャリストが挙げられます。

特徴

データベーススペシャリストは、経済産業省が認定する「情報処理技術者試験」の一種です。

そのため、データベーススペシャリストを取得すると上位国家資格を取得したということになります。

試験日程は年一回、例年4月の第3日曜日に実施されます。

データベーススペシャリストは午前Ⅰ、午前Ⅱ、午後Ⅰ、午後Ⅱ試験の4つに分かれています。

また、出題方式は選択式と記述式の2種類の問題が出題されます。

選択式のみの場合ならうろ覚えでも問題ないかもしれませんが、記述式も出題されるので単語等もしっかりと覚えましょう。

難易度

データベーススペシャリストの難易度は4段階で設定されている難易度のうち、最上位のレベル4に位置づけられている試験です。

レベル1のITパスポートが50%台なのに対し、データベーススペシャリストの合格率は10%台なので、そういった観点からも難しいということが出来るでしょう。

合格点としては、上記の全ての試験で100点満点中60点以上で合格です。