[Tkinter]GUI付きで正方形の面積から1辺の長さを計算するサンプルプログラム

今回は、PythonのTkinterを用いて正方形の面積から1辺の長さを計算するためのサンプルプログラムを作成したので紹介したいと思います!

コードは下記のようになります!

import tkinter
import math


def btn_click():
    area = float(area_txt.get())
    length = math.sqrt(area)
    length_txt.insert(0, length)


tki = tkinter.Tk()
tki.geometry('400x400')
tki.title('正方形の面積から1辺の長さの算出')

area_lbl = tkinter.Label(text='正方形の面積')
area_lbl.place(x=40, y=70)
length_lbl = tkinter.Label(text='正方形の1辺の長さ')
length_lbl.place(x=40, y=230)


area_txt = tkinter.Entry(width=20)
area_txt.place(x=160, y=70)
length_txt = tkinter.Entry(width=20)
length_txt.place(x=160, y=230)

btn = tkinter.Button(tki, text='正方形の1辺の長さを計算する', command=btn_click)
btn.place(x=140, y=150)

tki.mainloop()

実行結果

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です