[Ruby]連立1次方程式の解を算出するためのサンプルプログラム

プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで (Software Design plusシリーズ) [ 伊藤淳一(プログラミング) ]

価格:3,278円
(2021/6/6 17:03時点)
感想(2件)

今回は、Rubyを用いて連立1次方程式の解を算出するためのサンプルプログラムを作成したので紹介したいと思います!

コードは下記のようになります!

puts "連立1次方程式の解を算出します。"
puts "算出したい連立1次方程式のそれぞれの式をax+by=cとdx+ey=fとします。"
puts "それぞれの変数を入力してください。"

print "a="
a = gets.to_f
print "b="
b = gets.to_f
print "c="
c = gets.to_f
print "d="
d = gets.to_f
print "e="
e = gets.to_f
print "f="
f = gets.to_f

matrix = a * e - b * d

if matrix==0 then
    puts "方程式の解はありません。"
else
    x = (c * e - b * f) / matrix
    y = (a * f - c * d) / matrix
    print "x="
    puts x
    print "y="
    puts y
end

実行結果1

連立1次方程式の解を算出します。
算出したい連立1次方程式のそれぞれの式をax+by=cとdx+ey=fとします。
それぞれの変数を入力してください。
a=6
b=4
c=18
d=12
e=8
f=-7
方程式の解はありません。

実行結果2

連立1次方程式の解を算出します。
算出したい連立1次方程式のそれぞれの式をax+by=cとdx+ey=fとします。
それぞれの変数を入力してください。
a=8
b=7
c=4
d=9
e=1
f=8
x=0.9454545454545454
y=-0.509090909090909

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です